円安、株高で失われた資産価値の浮揚に期待しましょう!

自民党が政権をとって以降、安倍総理の経済対策が進み、円は1ドル100円に届くところまでに迫りました。

株価も13,000円台になり、バブルやリーマンショックで失われた資産価値が多少戻りつつあります。

円安が進み株価が上がったところで、急激に景気が良くなるわけではありません。

ただ、目先が明るくなったのはとても良いことです。

これまでは、経済オンチの民主党政権や日銀総裁だあったため、デフレ対策を少しもできなかったの

で、安倍政権下の経済政策の転換で一気に円安が加速して景気浮揚の先行きに多少なりとも希望

が持てるようになったことはとてもよいことだと思います。

経済対策は、まだ始まったばかりなのにもうバブルを心配するメディアや解説者がいます。

バブル時の株価は、日経平均30,000円を超えていたと記憶しています。

これまでの株価が日本企業の実力に比べ、異常に低く評価されていたもので、株価は20,000円台

が当然で、円は100円前後が日本の実力と思います。

失われた資産価値が回復に転換する時期にようやくなったので、水をかけるような困った評論はしな

いでほしいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック